上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年8月7日  8AUG2014

何だかんだで、4泊してしまった。正直観光といえる観光は要塞跡みて郊外までサイクリングしたくらいだったけど、リゾート地気分は十分に満喫できたかな。
I stayed 4 nights in Ohrid.Ohrid was very perfect rezort.too perfect...



たぶんオフリドは泳ぐ目的じゃあなければ春秋がのんびり観光できて良さそうに思う。湖面に映える秋の紅葉とかなんて結構よさそうだ!
If you not swim you came to here at autumn That is better. The leaves turn in autumn.




お世話になったアパートメントの家族にお礼を言って出発。直前まで北に行くか西に行くか決めかねていたけど、オフリド湖を半周して早々にアルベニアに入国することにした。






アルバニア国境手前には一つ峠があり、斜度10度という自転車にはいささか過酷?な坂道が伸びる。登り切ってなんとかお昼過ぎには国境に到着。いつもと同じく車列に並び無事入国。




早速アルバニア側にあったレストランで食事。スープとパンのセットを食べる。写真撮り忘れたけど150レク(150円)通貨価値が日本円とほぼ同じなので、計算が非常に楽でうれしい。何気なく出されたスープの味が意外においしかった。バターの香りと野菜のダシが効いていて、スプーンがすすむ。添えられたレモンをかけると酸味も合わさり暑い時期に適している。ペルーで食べたスープに似ていた。
DSC_0197al.jpg






DSC_0198al.jpg
アルバニア側から見たオフリド湖
Lake Ohrid from Albania side.







そこからは少々のアップダウンの山道を越えて、徐々に下っていく。アドリア海が近くなるにつれて標高も下がり暑さと湿気と、交通量が多くなる。
DSC_0200al.jpg
This way was long down hill. Traffic and temperature increased...



DSC_0203al.jpg




走行中何度も休憩をとるのだけれど、そのたびにいろいろな人から声をかけられる。お決まりの質問とか話が多いけど、興味深く話を聞いてくれるので、こちらも自然と溶け込める。もちろんアルバニア語はわからないが。。。





DSC_0206al.jpg
昼間っから酔っぱらっていたおやじ。何言ってるかわからなかったけど、とにかく優しかった。
Mr.drunker.hi was very kindness.






DSC_0020al.jpg
この日はガソリンスタンドの裏の空き地でキャンプさせてもらった。快諾してくれたガソリンスタンドのオーナー夫妻に感謝。






隣のレストランにいた男の子がとってもお茶目で可愛かった。イタリア語が話せる子でスペイン語で話したらなんとなぁーく通じているようないないような会話だったけど、自転車からテントからなにから彼からみたら不思議なものだらけだったのだろう。
DSC_0003al.jpg



DSC_0005al.jpg
Pretty kid!




DSC_0008al.jpg
併設のレストランで食事中にロンドンで働いているアルバニアの方と話をした。彼はバカンスで帰省中で2週間ほどはのんびりすると言っていた。旅の幸運をとビールを一杯おごってくれた。「アルバニアやモンテネグロの運転はクレイジーだから気を付けろよ!」と忠告してくれた彼はジョッキ二杯のビールを飲み颯爽とメルセデスベンツに乗り込み去って行った。

。。。。十分に気を付けるとしよう






8月7日 7AUG

山道を下り、平地の幹線道路に出てきてしまった。想像以上に交通量が多く、そのくせ路肩はほぼない。ここ最近で新しい道路も作られているみたいだが、どれも部分的で、路肩が出てきたと思ったら、無くなったりを繰り返す。ヘルメットに取りつけたミラーを常に気にしながら走るのはやはり精神的にかなり疲れる。






DSC_0024al.jpg
よくわからないけど、写真を撮ってくれとせがまれて、それをフェイスブックで送ってくれと頼まれたサイクリスト2人組。なんかアルバニアはちょいちょい写真を頼まれる。



この日は道路わきのホテルに宿泊。交通量の多さと、暑さにやられた。2500レクでエアコン付。たまには贅沢していいでしょ♪


8月8日 8AUG
この日も休憩すればあちこちから声がかかる。みんなフレンドリーに接してくれるのはいいんだけど、平日の昼間から暇そうに一体何してるんだと思ったら、アルバニアは仕事がなくて特に若い人たちの失業率が深刻なんだとか。泊まったホテルの従業員も仕事が無くて、友達はイタリアに出稼ぎに行ってるといっていた。




DSCN0091al.jpg





DSCN0093al.jpg





DSCN0095al.jpg





DSCN0087al.jpg








DSC_0213al.jpg
ガソリンスタンドで声をかけてくれた人たち。



DSC_0211al.jpg
仕事がないのは大変だけど、頑張ってくれ!としか私からは言えませんが、頑張ってくれ!






DSC_0215al.jpg
前日泊まったホテルにネットがあったので地図を調べていたら、40キロ先の町に良さげなキャンプ場があることが分かったので、この日はそこを目的地に決めた。道自体ものんびりしたもの。
I decided to stay campsite this night.





ただ、途中の分岐を間違いとんでもなく道に迷う。幹線道路を外れると未舗装の砂利道になってしまうアルバニア。一体どこにキャンプ場があるんだろう。。。





DSC_0224al.jpg
But I lost way to campsite.....







DSC_0222al.jpg
Where is campsite......







111al.jpg






キャンプ場へは運よく親切な少年にあって一緒に自転車で案内してくれてとりあえず無事にたどり着けることができた。DSCN0097al.jpg
Their kids told me way to campsite.thanks.






DSC_0228al.jpg
Camping Albania 

シュコダールという街の手前20キロくらいの場所にあって、相当にわかりずらい。看板も一切ないので、人に聞きながら探すしかないのだが、キャンプ場の設備はかなり良い。トイレ、シャワーは綺麗だし、サイトには網の屋根がついているしプール、レストラン、ニワトリ完備。もちろんネット付。

テント泊は一泊3.5€(500円くらいかな)
Clean toilet, shower, and campsite. This campsite has pool, shade and chicken.

One night is 3.5€. per one tent.



DSC_0230al.jpg





DSC_0233al.jpg
ここでちょっぴりのんびりさせてもらおう(^^)/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://big5traveler.blog.fc2.com/tb.php/358-ba7fad23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。