上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーロッパを走っていて、ガソリンの値段がやたらと高いと知った。ヨーロッパ諸国の中でも比較的物価の安い東欧ですら、ディーゼルで1L 180円、ガソリンに至っては1L 200円を超える国もある。



DSCN0105.jpg
環境汚染に厳しく取り組むためにガソリン価格は高めに設定されているそうで、ドイツやフランスなんかだともっと高くなるそうです。



昨今、ガソリン代が高くなり1L 170円に届こうかという日本で本当に頭を悩ませている方も多いと思う。車から自転車に乗り換えた人が多くて自転車ブームみたいのが来て、私が自転車店で働いているときは忙しくさせてもらってました。

そんな日本よりも物価の安い東欧でこの価格だとまともに車を運転できないんじゃないかと思ってしまうけどもそうゆうわけでもなく普通にみんな生活してる。もちろん車もばんばん運転してます。家計にしめるガソリン代の支出がいくらなのかも含めて、一度でいいから東欧諸国の一般家庭の家計簿をのぞき見したいものです。日本と違って他の税金はすごく安いのかもしれません(ビールは500mlで60円~80円くらいでした。コーラより安いことも)。




でも実はLPガスの価格はガソリンの半分くらいで、LPG車に乗ってるひとも3割くらいいたかな。そういうのでうまくバランスとってるのかもしれません。



以上。とりとめのない話。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://big5traveler.blog.fc2.com/tb.php/369-ddddb033
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。