上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30AUG2014-2SEP2014



ブリッド湖を出発。イタリアへ向かう。次の目的地はイタリア北部のドロミティ国立公園。なんでも山が切り立って非常に美しいらしい。なかなか楽しみである。
Next stop is Doromiti @Italy.


スロベニアからイタリア北部は東アルプスに位置する山道。道は自転車専用道路が通っていて車に悩まされることもなくのんびりと景色を見ながら進むことができる。


DSC_0230sl.jpg
なぜかここにきてケバブ3€。
Kebab in Slovenia 3 euro.





DSC_0232sl.jpg
車道とは全く別にこういった自転車道が幹線道路沿いに続いている。周りは針葉樹や放牧地、小さな町を時折抜け秋の気配がしてきたアルプスの道を進む。
Slovenia - Italy has very good bikeroad. no car, much conifer, and grassland. I can feel little autumn at near bike road.






DSC_0234sl.jpg








DSC_0236sl.jpg
ここがスロベニアとイタリアの国境。もちろんパスポートチェックなどない。さすがシェンゲン圏、もう国境という考えがほとんどないようなものだ。人と物がボーダレスに動きヨーロッパの経済を活性化させている。それ故にいくつかの問題もあるのですが。。。
This is border. It is incredible. No passport check and No exchange money.








DSC_0006it.jpg











DSC_0008it.jpg
初めてのヨーロッパ。今までは東欧諸国を走ってきてそういった感じは受けなかったけど、スロベニア、イタリアから自転車道が驚くほど整備されている。綺麗に舗装されたアスファルト、細かな標識などなど自転車旅行者にとってこれほど走りやすい環境は今まで経験したことが無い。天気が不安定な日でこの自転車道を走っているのは私だけだった。ヨーロッパの晩夏を独り占めしている気分で多少の雨など気にならない。これがヨーロッパなのか。。。




最近ようやく日本でも、自転車道が出来てきたけど、途中で道がなくなったり、変な凸凹つけてわざと走りづらくしたりと、完璧な自転車道とは程遠い。土地が無かったり交通ルールが徹底されてなかったりで、こうした自転車道を作るのは現状難しいだろうけど、近い将来日本でも車を気にすることなくのんびりとサイクリングを楽しめるようになって欲しい。


DSC_0014it.jpg






走行途中、道のわきに湧き水が出ているところも多く、野宿用の水を時折補充する。これが本当の南アルプスの天然水。お察しの通り、これを言ってみたかっただけです。





DSCN0140sl.jpg
至る所にあるヨーロッパの松ぼっくり。細長いのが特徴でカサもあまり開かない。形と色がそれだから走ってる時に道路に落ちてるとウ○コとよく間違える。こいつを避けるために何度バランスを崩したことか。。。





DSC_0022it.jpg






DSC_0016it.jpg
2日間の野宿を挟み、ドロミティ国立公園の周辺に到着。規模の大きい国立公園でここから数日かけてドロミティ観光をするよてい。








DSC_0019it.jpg
少し曇るとかなり寒くなるイタリアアルプスの9月。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://big5traveler.blog.fc2.com/tb.php/372-43e78a38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。