上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15Nov,2014 40km キニートラからラバトのメディナ(旧市街)まで
16Nov        0km
17Nov 0km  モーリタニアビザ取得作業
18Nov 0km






ちょっと悪かった体調もなんとか回復し、首都ラバトへ移動。体調崩したのと、曜日を間違えていたことが重なって、到着したのは土曜日。

土日は大使館自体が休みだからしょうがないので、メディナをうろつきながらのんびり過ごした。



DSC_0105mc.jpg
首都につながる道も路肩脇は凸凹。夜に雨が降ったらしく大きな水たまりが至る所にあった。





DSCN0223mc.jpg
ラバト手間への街には工場地帯が広がり、煙突からもくもくと白煙が立ち込めていた。交通量の多さと相まって、空気は相当に悪いと感じた。







DSC_0104mc.jpg








DSCN0224mc.jpg
ラバトのメディナ。城壁に囲まれた街の中に商店、レストラン、ホテルなどが所狭しと立ち並ぶ。





DSCN0228mc.jpg





DSCN0227mc.jpg




路地自体が狭く、そのうえ人通りが多かったから荷物満載の自転車で中に入るのは非常に億劫だった。



ホテルはいくつもあり80DHから100DH前後が相場。どこの宿にもネットはあるようだった。私が泊まったホテルは自転車を入れてもらえたけど、場所によっては自転車は拒否される。






店先には洋服だったり日用品も多く並んでいるが、菓子パンやクッキーなどが売られているお店もあった。ただ、店先に並ぶドーナッツやシロップが付のパンに大量にハチが集ってるのを見ると購買意欲など皆無になる。






DSC_0109mc.jpg
路地裏は静かなもの。この長く細い路地裏を時折子供たちが走り抜けてく光景を目にする。ここまで狭くはないが私が小さいときに暮らしていた地域は車が通れないような路地裏が沢山あった。そんなところで友達と集まってかくれんぼしたりケードロしたり狭い道を目一杯使って遊んだのを思い出した。だいたい、近所の長屋に住んでた雷じじいに怒られるんだけれども(^^;)






DSC_0112mc.jpg







DSC_0115mc.jpg
レストランはいくつもあるので選び放題。30DH程度でお腹いっぱい食べられる。モロッコ料理で意外だったのは野菜が多く使われていること。メインの肉料理+ジャガイモ、玉ねぎ、人参などを煮込んだ料理がなかなかおいしい。




DSC_0106mc.jpg





17日月曜日。この日は朝からビザの申請でモーリタニア大使館へメディナの入口でタクシーを拾い「モーリタニアエンバシー」と伝えるとすぐに向かってくれた。メディナから直接向かえばおよそ10分ほどで到着。



場所はグーグルマップで検索すればすぐ出てくる。本当に今は便利な時代になったもんだ。


DSCN0230mc.jpg
9時に窓口が開くが、私が到着した7時半過ぎには3人ほどすでに集まっていた。窓口の前で待つ。







mc.jpg
しばらくすると職員の人だろうか?ヤシの葉のようなホウキで掃除を始めた。大きな葉で細長く枝分かれしているので非常に掃きやすそう。モロッコに入って時折こうやって掃除する人を見かける。






8時半になると少し早いが窓口が開き受付が始まる。申請に必要なのはパスポート、パスポートの顔写真部分のコピー、モロッコ入国印が押された部分のコピー(これは不要だったかも)、写真2枚、申請用紙。申請用紙はその場でもらって記入。事前にアラビア語とフランス語でしか記載が無いことを知っていたので、フェイスブックの西アフリカ情報を扱っているグループに投稿されていた記載例をもとに記入。問題なく受理された。受理する時に、「今日の2時にできる」と言われた。前情報では翌日受渡しと聞いていたのでこれはラッキー!おそらく申請者の人数によって受渡し日が変わるのだろう。






シングル30日で300DH、60日で510DH。ぴったりでないと受け取ってくれないのでしっかり用意していく方が良い(私は近くのガソリンスタンドで飲み物買って対応)。私は多く見積もって60日で申請。






モーリタニアビザはビザの有効期間を指定する必要がある。指定しないと翌日からビザがカウントされてしまうので、自転車旅行者は忘れずに入国指定日を記入しておく必要があるだろう。私は一応3週間ほど先の日付で申請した。






フランス語とアラビア語なので、解らない人のために代筆屋が目の前にいて、彼らに頼めば20DHくらいで書いてくれるらしい。




一度宿に戻り、洗濯などの用を済ませ再びモーリタニア大使館へ。




DSC_0116mc.jpg
引換券を私無事受け取り完了!指定した日付から有効になっているのも問題ない。初めてのビザ取りだったので緊張していたが、難なく済んでほっとした。




申請をし終えて感じたことだけど、申請用紙の情報なんてたいしてしっかり書かなくても大丈夫だなと思った。イスラム圏なので申請用紙にも親の名前や自分が未婚か晩婚か?などの質問があったりやたらと項目が多かったけど、おそらく入国予定日と出国予定日やビザの種類、パスポートナンバーなど重要な情報さえしっかり記入できていれば、あとは適当でも問題ないと思う。モーリタニア滞在中の宿のアドレスと連絡先なんて、ネットにあった宿の名前とその後にトランジット→セネガルと書いて出しても全く問題なかった。

用はお金さえ払えば、後は大して問題じゃないのだと思う。そう考えるとアフリカってとてもシンプルだと感じた。







何はともあれ無事にビザを取れた。これで先に進める!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://big5traveler.blog.fc2.com/tb.php/397-f472ee1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。