上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mar06,2015 13km Nata,Pelican Lodge 80P
Mar07 101km Nata - Gweta Planet Baobab(Campsite)73P
Mar08 115km Bush Camp
Mar09 115km Maun (Sedia Hotel Campsite)50P



DSCN0937bw.jpg
ペリカンロッジは非常に快適なキャンプ場だった。施設がしっかりしているのに、キャンプ場利用者はほとんどおらず、ほぼプライベートだった。





DSCN0938bw.jpg
あまりにも暑いのでいつもはあまり入らないプールも堪能。






DSCN0939bw.jpg
一時の勝ち組気分を味わっております。
久しぶりに泳いだんだけど、思った以上にしんどかった。クロールも平泳ぎもバタフライも腕しんどい。。。







ナタの町までは若干距離があって買い物には大変だけど、十分に満喫できた。









ナタから次の街のマウンまでは310キロほど、その間にも小さな町がちらほらあったけど、道自体は非常に単調だった。




DSCN0940bw.jpg
どんな小さな町でも商店で冷たいジュースが飲める。そういえば停電することも少なくなったし、ボツワナは人口が少ないけど国としての豊かさはアフリカの中ではトップクラスかな。







DSCN0941bw.jpg
大体家の周りにはネットが張られている。野生動物との距離は近い。










DSCN0942bw.jpg











DSCN0944bw.jpg
道はアップダウンもほとんどなく距離は進むんだけど、町をでるとこんな感じの景色がずーーーーーーっと続くから飽き飽きしてくる。



天気は毎日快晴。カサニでは毎日雨が降ってたけど、300キロ進むだけで全く違う気候になった。雲が少ないから日差しを直に受けて体が熱い。首筋と腕に直射日光を受けて日に日に黒くなっていく。








DSCN0945bw.jpg
町と町の感覚が長いボツワナは暑い中漕ぎ続けても町にたどり着けないことがほとんど。木陰も無い場所で昼食を食べる。最近は豆や果物などの缶詰とクッキーが私の昼食。気温が高い場所では悪くならないこれらの食品は非常にありがたい。







DSCN0946bw.jpg
時々道端で見るようになった謎の植物。これを見るたびにドラゴンボールのドドリアさんを思い出す。








DSCN0947bw.jpg
初日の宿はグワタのキャンプ場だったけど、二日目はブッシュキャンプ。よく考えると東南アフリカ入って初めてのブッシュキャンプだった。まだまだ野生動物がいるエリアだから気を抜けないけど、やっぱり野宿は落ち着く。








3日かけてマウンの街に到着。ボツワナ中部を抜けるエリアの中で、最も大きな街で、多くのオーバーランダーが訪れる。前もってグーグルで調べておいたキャンプ場のあるSEDIA HOTELへ。一泊50Pでキャンプ可能。ネット付で、キャンプサイトには電源も通っていて非常に快適。


ボツワナすごすぎです。



DSCN0949bw.jpg
プールももちろん完備。



DSCN0948bw.jpg
大型のバスで訪れるオーバーランダー。道路を走っていても時々欧米の方が乗っているこういったバスを見かける。それいがにもヨーロッパから自家用車で旅している人や、ナミビアでレンタカーを借りて回ってる人たちなど様々。





ここでもちょっとくつろぐ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://big5traveler.blog.fc2.com/tb.php/431-27fbaa7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。