上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mar18,2015 22km Entered Namibia Zelda Campsite
Mar19 110km Gobabis Boba Lodge Campsite 90N$
Mar20 115km 高架横キャンプ
Mar21 98km Windhoek(Paradise Garden Backpackers)Tent 80N$
Mar22 0km *
Mar23 5km *
Mar24,2015 0km *








ボツワナ側の国境のキャンプ場を出発し、すぐにナミビアに入国。どっちの国のイミグレもキレイで今までのコンテナや仮設住居みたいなイミグレとは大違い。出国審査、入国審査ともにカード記入をして問題なくナミビア入国。
ナミビア側にもキャンプ場があり、ここはスーパー併設(ATMあり)なので、国境で一泊するならナミビア側のほうがいいかも。





この日もガンガン走ろうかと思ったが、天気が不安定だったので、20キロほど走ったところで見つけたキャンプ場に入った。




DSCN0969nm.jpg
ZELDA LODGE(ゼルダロッジ)WIFI付。キャンプエリアは一人70N$なのに、サイト一つ一つに電源、水道、木陰、青い芝生があって、めちゃめちゃ快適。唯一の難点は周りに何もないから、食料に余裕が無い状態だと連泊したくてもできないことだろうか。






そこからはゴバビスという小さな町を通り、一泊野宿をはさんでナミビアの首都ウィントフック(Windhoek)に着いた。この間も天気が悪かったり、路肩が無くなった道を走って気を遣ったりと面倒くさかった。




DSCN0975nm.jpg




DSC_0001nm.jpg
何もなさ過ぎて自転車こぐしかないわ~





DSCN0977nm.jpg
車でナミビアを回っているご家族に道中差し入れをもらった。何もない道の上で突然もらえる冷えた飲み物って本当にありがたい!!!





DSCN0979nm.jpg
道路の両脇にはフェンスがびっちり続いているのでしょうがなく排水溝の横の死角になりそうな部分で野宿。夜になっても車が結構通り過ぎてたけど、意外と寝れるもんだね♪





ナミビアはアフリカにある唯一の旧ドイツ領の国らしく、私が泊まったParadiseGardenBackpackersもドイツ人のオーナーにドイツからの留学生や旅行者が沢山滞在していた。
DSCN0981nm.jpg






DSCN0983nm.jpg
街並みは言わずもがな完全に都会。街行く人たちもオシャレで、白人の割合が非常に多くなった。でっかい荷物を頭に乗せてる人もロバで荷物運んでる人も、木陰でだらだらしている人もいない。アフリカの中の先進国の姿だった。ここ最近ウィントフックはスリや強盗が多いと聞いていたので気を引き締めていた。住宅街には電気フェンスが張られているし、スーパーの前にはライフルを持った警備員が常駐していた。





とりあえず、ここでのんびりして、アフリカ最後のチャレンジステージに向けての準備をする。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://big5traveler.blog.fc2.com/tb.php/433-fe1a0be9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。