FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Apr10,2015 71km Lodge camp
Apr11 56km Springbok caraban park
Apr12 0km stay Springbok
Apr13 69km Kamieskroon Caravan park
Apr14 50km Garies caravan park??
Apr15 65km GS camping


ナミビアから南アフリカへの入国はこれまでの国以上に楽だった。口頭でいくつか質問をされただけで入国スタンプを押してもらった。




自転車旅行者がよく通る国境でもあるのだろう、質問が「目的地は何処?」ではなくて、「ケープタウンに行くんでしょ?」だった。





おそらくここを南下して通るほぼ全てのサイクリストはケープタウン(喜望峰)を目指していると言ってもいいだろう。











DSCN1047nm.jpg
そして入国してすぐに標識にはて‘CAPE TOWN’の文字が!!




最短で行けばもう700キロも無い。幹線道路を迂回して行って喜望峰経由で目指す予定なので実際はもう少し走るけど、それでももう1000キロも走らない。





これまで2年半近い旅で何千、何万と走って来たけれど、もう残すところ3桁の距離しかない。





言葉で表現するのが難しいが、晩秋の夕暮れ時の足早さと夏休みの8月29日あたりの寂しさが混ざったような気分かな。





ただ、まだ最後に楽しめる時間が残っている。サラリーマンの帰りがけの一杯や8月最終日の東京ディズニーランドのように終わりに近いからこそ満喫できることがある。実際南アフリカは観光が結構あるから楽しみなんだよね♪




まだ、家の湯船に浸かるのは早く、残りの宿題に取り掛かるのにも早いので、南アフリカも元気に行ってみましょう!!







100メートル代に下がっていた標高も南ア入国と共に徐々に登る。南アフリカは意外と丘陵地帯が多いみたいで、この後もアップダウンのある道が続いた。










DSCN1049nm.jpg
道中久しぶりに雨雲に会い、雷が鳴る中凍えながら走った。標高は1000メートル行かない位だったけど気温はナミビアと比べるとかなり過ごしやすくなった。



通り過ぎる車も優しくクラクションを鳴らしてくれたり、対向車のドライバーはおしゃれにライトをフラッシュさせて応援してくれた。

中にはかなりぶっ飛ばしてるドライバーもいるけど、たいていは自転車に対して配慮してくれている。タンザニアのドライバーに見せてやりたいわ。。。



DSCN1048nm.jpg
こちらの方たちには粉末のスポーツドリンクを頂いた。ご夫婦でよくサイクリングするらしい。




スプリングボックの町で連泊してナミビアからの疲れをとって更に走る。どの町にもキャンプ場があって無理なく走れるのがありがたい。郊外は道路脇にフェンスがしっかり張ってあったりするので野宿場所を見つけるのはなかなか、大変かも。






DSC_0017sa.jpg





DSCN1053sa.jpg





DSCN1054sa.jpg
道中の町はどこもこじんまりしている。個人的にはこういった町の方が落ち着けて好き。





DSC_0012sa.jpg
キャンプ場のオーナーがとっても気を使ってくれて机を出してきてくれたり、サイト外の芝生の上にテント張らしてくれたり、非常に親切にしてくれた。夜も星空がきれいで済んだ空気が心地よかった。







そんな済んだ空気が翌日になると更に冷たくなった。風向きが北風から南風に変わり風事態がかなり冷たくなった。季節的にも秋?のような時期に入ってきているのだろう。日本の木枯らしみたいな風が常に南から吹きすさび全然進めない。


DSC_0018sa.jpg







結局50キロ程度でこの日は断念。通りすがりの町のキャンプ場らしき場所でキャンプする。らしきと書いたのは町の人に聞いたらキャンプ場と言っていて、一応キャラバンパークと書いてあってサイトやトイレの水もつかえるのだけど、整備されている気配が全くなくゴミや動物のフンがそこら辺に散乱しているようなところだった。管理人も居なかったので勝手にテント張って、翌日普通に出発した。廃業したキャンプ場だったのかな??まぁただで水のつかえるとこでキャンプできたから文句ないけど。
DSC_0024sa.jpg





DSC_0027sa.jpg
この日も向かい風がきつい。おまけにアップダウンの多い丘陵地帯なので、どんなに漕いでも一時間で10キロが限界。65キロの走行で5時ごろ小さな町にたどり着く。買い物をしたガソリンスタンドのオーナーが「家でテント張っていいよ」と向こうから言ってきてくれた。とても親切で「24時間営業だから困ったら何でも言ってくれ」と声をかけてくれた。




DSCN1058sa.jpg
いつもより沢山売店で買い物をして、ガソリンスタンドの片隅にテントを張らしてもらった。






予想以上に寒くて風が強い南アフリカに苦戦している。さて、こっからどうやって喜望峰までいこうかな??
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://big5traveler.blog.fc2.com/tb.php/439-1fdf01f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。