上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Apr16,2015 87km vanrhynsdorph caravan park (80R)
Apr17 0km stay vanrhynsdorph
Apr18 87km      Clanwiliam caravan park (140R)
Apr19 62km     Citrusdal caravan park(100R)




4月16日
この日も強い向い風は変わらず。平地でも時速11キロが限界。さらにアップダウンが加わると、全くと言っていいほど進んでいる感覚がない。





体をハンドルギリギリまで近づけるキツイ前傾姿勢で、少しでも空気抵抗を減らして進んでいく。









ナミビアのオフロードの砂漠地帯を走ってた時よりもイライラが収まらない。耳の周りで鳴る風が吹き荒ぶ音が必死に走る私をせせら笑っているように聞こえる。











それでも日没前までにキャンプ場がある町までなんとかたどり着く。ケープタウンまでもう400キロを切っているけど、遠く感じる。。。



4月17日
朝起きると昨日よりも強烈な風が吹き荒れる。。。うん、連泊しよう。

一瞬の熟考の末決断。このまま行くと寄り道してる暇ないかもしれないな。

風が強いから休むって、不登校気味の学生の休む理由じゃないんだから。。。と思いつつも近くのスーパーでお菓子お買い込み一日ダラダラ過ごした。最近のマイブームはマシュマロを食べること。







4月18日
朝、テントから出ると昨日と違い何だか暖かい。風も弱くなっていてくれて助かった。





DSC_0029saf.jpg
走り出すと風向きも真南から若干東風に、なっていて、進む方向によっては追い風にもなってくれて非常に助かった。





DSCN1060saf.jpg
もうゴールは近い。





DSC_0031saf.jpg







いつものペースに戻り、余裕を持ってクランウィリアムという町にたどり着いた。町の雰囲気はヨーロッパの田舎町と同じような感じた。この辺りではブドウ畑やワインセラーをチラホラ見かけた。南アフリカはアフリカの中のワインの産地として知られている。川に沿って広がるぶどう畑やみかん畑、りんご畑が広がる丘陵地帯の風景はここまで走ってきた荒野のような道からガラリと変わった。



こんな風景もやっぱり落ち着くね。






DSCN1063saf.jpg
クランウィリアムにあった唯一のキャンプ場は140ランドもとるくせに設備が雑で清掃もいい加減。おまけにセキュリティスタッフに「ここらへんは盗難の恐れもあるからしっかり鍵かけて、荷物は全部テントに入れておけ」と言われる始末。



キャンプ場の敷地内で盗難か。。。最後の最後で盗られるのは嫌なのでしっかりと鍵をかけて就寝。





4月19日




この日も暖かく、のんびりとしたサイクリング日和。アップダウンも比較的少なくなり順調に進む。
DSCN1062saf.jpg
欧米では当たり前の巨大散水機







DSC_0032saf.jpg
途中にあったミカンの直売所。網袋一杯に入ってなんと5ランド(50円くらい)!!





DSC_0033saf.jpg
おまけに店のオジサンが試食用のミカンもサービスしてくれた。



60キロほどでシトラスダルという町に着いて、通り過ぎようかな?と思ったけど、キャンプ場の看板が目に入り早めのキャンプ。


まぁ残りは最短で280キロほどだし、ここからはのんびり刻んでも大丈夫かな??



そんな町で買い物する為に中華ストアに入った。周りにいた人達からいろいろ質問される。いつものように旅の概要を話すと、中国人の店主が「君はナンバーワンだからサービスだ!!」と言って全部タダにしてくれた。





流石にそれは申し訳ないと思って「いやいいよ(;^ω^)」って言ったけど、最終的に「問題ない!」と言ってお金を受け取らなかった。おまけに2リットルのコーラも持っていけと渡してくれた。



こんな時は彼らの優しさを素直に受け取らせてもらう。一見無愛想に見えて太っ腹の店主に感謝。





世界中でよく中国人に間違えられるけど、食事であったり雑貨や食料品など彼らの存在に幾度も助けられた。それにどこの国にいる中国人も働き者。アフリカ人やラテン系なんかより断然信頼できる。アラブ系みたく商売でぼったくる事も無いし、しっかり値札付けてくれてるし。
DSCN1068saf.jpg






DSCN1066saf.jpg





政府同士はいろいろと問題を抱えている昨今ですが、人と人としての繋がりは友好的でありたいと願う。特に異国で会うと強くそう感じるな。





最後にキャンプ場にいたかわいいワンちゃんで〆
DSC_0034saf.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://big5traveler.blog.fc2.com/tb.php/440-18ebae73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。